補償だけじゃなかった!生命保険でお金を借りる

生命保険でお金を借りる制度を契約者貸付制度といいます。生命保険会社が条件を満たした契約者に、一時的ではありますが、必要なお金を融資してくれます。お金は解約返戻金の中から一定の金額を借りることができます。
お金借りる 即日借り入れ金額は、借り入れ時の解約返戻金の50%から90%程となっています。50%以下からでも借りることはできますが、下限金額は保険会社により異なるので事前に確認しましょう。金利は、各生命保険会社の保険商品と加入時期によって違うので、利用している保険会社で利用している保険と加入時期を調べて確認しましょう。
契約者貸付制度は全ての保険に設定されているわけではありません。解約返戻金がある生命保険に限られます。つまり掛け捨ての保険には設定されていないのでこの制度を利用することはできません。また解約返戻金がある保険でも加入期間が短いと貸し付けてもらえないことがあります。また商品の特性によっては設定されていないこともあります。貸し付けの設定がされているかどうかは、約款に記載されているので確認しましょう。詳細に関してはホームページやコールセンターへ問い合わせをすると良いでしょう。
返済は一括返済、一部返済、利息のみ返済の中から選ぶことができます。返済時期も自由なので、余裕を持って返済を行なうことができます。しかし督促が来ないので借りたことを忘れてしまい、利息が膨れ上がってしまうというリスクがあります。こうなると返済のために保険を解約しなければならなくなるので、自己管理はしっかりと行ないましょう。

消費者金融の督促では電話や郵便物が来るの?!

お金を借りたら必ず返す。普通家族や友人・知人にお金を借りたら必ず返しますよね。消費者金融でも同じです。借りたお金は必ず返さなくてはなりません。
自分の知り合いにお金を借りたら、「○○日までには必ず返すから」と約束しますよね。契約書は書きませんが、口約束でお金を返します。消費者金融ではそれがきちんと書面になっています。契約書に「毎月○○日には○○円返済します」と約束しているのです。
しかし、それを守らなかった場合、知り合いでしたら、1日や2日は待ってくれるかもしれませんが、消費者金融はそうはいきません。彼らはビジネスでお金を貸しているのですから、1日でも延滞は延滞です。早速催促の電話が携帯に掛かってくるでしょう。
その電話も無視すると、さらに催促はエスカレートします。最初は携帯に掛かってきていた電話も自宅や会社に掛かってくることになります。それも無視するとなれば、郵便物も送られてくるし、実家に電報が行ったりするようになります。
返済に応じるまで、督促は止みません。最後には直接取り立てにくるでしょう。
延滞や滞納はせずに、きちんと最初の契約通りに返済していれば、このような行為をしてくることはありません。契約を交わす時点で、無理があるのであれば、その場で返済計画を変更してもらいましょう。例え、少し利子が増えたとしても、延滞をして遅延損害金を請求されるよりはよっぽどマシです。お金を借りるなら、返済計画もきちんと立てた上で借入することをお勧めします。>>>銀行でお金を借りる 審査

借入条件を徹底比較

いざ、キャッシング会社で借入をはじめてみようと思っても、「一体どの会社を選べばいいのか、会社ごとにどのような差があるのか分からない!」という方のために、有名なキャッシング会社を借入条件ごとに徹底比較してみました。
(1)アイフル
実質年利:4.5%〜18.0%
融資限度額:1,000円〜500万円
即日融資:可能
申込方法:インターネット・店頭・契約ルーム
対象者:満20歳以上、70歳未満の安定した収入のある方
その他:上記フリーキャッシングプラン以外にも、10万円までの少額専用プランや自営業者向けプランなどプランが豊富です。紹介特典有ります。
(2)アコム
実質年利:4.7%〜18.0%
融資限度額:1万円〜500万円
即日融資:可能
申し込み方法:インターネット・店頭窓口・無人契約機・電話・郵送
対象者:満20歳以上、70歳未満の安定した収入のある方
その他:はじめての利用に限り30日間の無利息サービスが有ります。紹介特典有ります。
(3)プロミス
実質年利:4.5%〜17.8%
融資限度額:1万円〜500万円
即日融資:可能
申し込み方法:インターネット・店頭窓口・無人契約機・電話・郵送
対象者:満20歳以上、70歳未満の安定した収入のある方
その他:プロミスのプランは上記フリーキャッシングプラン以外で、自営業者向けプランと利用用途がブライダルや医療などというように定まっている場合に利用することのできる目的ローンが有ります。
(4)モビット
実質年利:4.8%〜18.0%
融資限度額:1万円〜500万円
即日融資:可能
申し込み方法:インターネット・無人契約機・電話・郵送
対象者:満20歳以上、65歳以下の安定した収入のある方
その他:モビットはWEB完結申込が売りで、インターネットで申し込みをした後に確認の電話連絡や、カードの郵送がないなど、徹底したWEB完結が特徴です。
(5)レイク
実質年利:4.5%〜18.0%
融資限度額:1万円〜500万円
即日融資:可能
申し込み方法:インターネット・無人契約機・電話・郵送
対象者:満20歳以上、70歳未満の安定した収入のある方
その他:レイクには「2つの無利息ローン」が有ります。1つは「借入額の内、全額30日間無利息ローン」で、もう1つは「借入額の内、5万円分180日無利息ローン」です。
(2014、11、25 付け情報)

なるべく大手の消費者金融を利用しよう

消費者金融を利用するなら、プロミスやアコムといった大手のところを選ぶようにしましょう。消費者金融というと不安や疑問を持つ方もいるかもしれませんが、大手の消費者金融は法改正前から長年営業しており、法改正後の厳しい時期を乗り越えて今も営業しています。そのため融資のノウハウや顧客のニーズなどを長年の実績から熟知していることや、多くの消費者金融が銀行傘下にいることから安全性や信頼性は高いと言えます。
何よりカードが発行されるというところで中小消費者金融との違いがあります。大手消費者金融はATMやインターネットバンキングなどに対応しているのに対し、中小消費者金融は銀行振込で対応しているところが多いのです。平日に借りることができれば問題はありませんが、土日や祝日は銀行が営業していないので、お金を振込んでもらうことができない、借入。返済が出来ないという問題が発生します。
中小消費者金融でも信頼できるところはありますが、大手に比べ知名度が低く、情報収集がままならないケースがあります。加えて悪徳業者も少なくないので、じっくり調べる余裕がないなら大手の消費者金融を利用したほうが比較的安全といえます。
しかし、「ブラック情報が載っているため大手から借りられない」、「複数社から審査を落とされた」などさまざまな理由から大手消費者金融を利用できない方もおられるでしょう。信頼できる実績のある中小消費者金融はあります。早まらずに落ち着いてじっくり調べ、安心して借りられるところを探しましょう。

キャッシングの銀行系と消費者金融系の違い

キャッシングはこれまでは消費者金融系が主流でしたが、最近ではあらゆる銀行が小口金融に乗り出し、銀行系のカードローンも多くなり、利用する側にとっては選択肢が広がり、自分の状況に適した金融会社が選びやすくなりました。
キャッシングを始めるときキャッシング会社の選択から始まりますが、キャッシングは消費者金融系と銀行系に大別でき、それぞれにメリット、デメリットがあるのでインターネットの口コミなどを使って利用したい金融業者の情報を見てみることも役に立つと思います。
銀行系と消費者金融系の大きな違いは消費者金融は貸金業法の総量規制で融資限度額が年収の3分の1以内と制限されていて、収入がなければ利用できませんが、銀行系は総量規制の制限を受けないため、収入に関係なく銀行の審査に通れば融資を受けられます。
消費者金融系は小口金融だけで営業しているため、これまでに築き上げたノウハウやシステムがあるので審査は短時間で終わり、できるだけ多くの顧客を得るために独自の審査基準を設定し銀行にくらべて審査に通りやすくなっているといったメリットが有る反面、金利面を比較すると銀行に比べて高めなのがデメリットといえます。
銀行系は銀行の持つ安心感と金利の低いところがメリットですが、金利を低く設定しているため審査が消費者金融に比べてきびしく、時間がかかるといったところがデメリットで、両者を比較したとき、金利面を優先して利用を考えるときは銀行系、キャッシング 審査が通りやすい、また早く融資を受けたいときは消費者金融系といった別けかたになります。

プロミスとアイフルを比較してみました

大手金融業者のプロミスとアイフル、大差はありませんが少しだけプロミスのほうがメリットがあると思えます。
プロミスとアイフルの審査基準を比べると、一般的にプロミスは比較的、プロミス審査基準があまいと言われているいるのに対してアイフルは厳しいとの評価があるようで、アイフルの審査基準が厳しいといわれているのは、一時期経済情勢の変化で急激に経営状態が悪化したと思われ、貸付け資金に余裕がなくなってくると、査基準を厳しめに設定することで優先的に優良な顧客から貸付を行うことになります。
これに対し、プロミスは三井住友銀行の系列会社が提供するサービスなので、豊富な融資資金が使えるので幅広い顧客に貸付を行えるような審査になっており、金利面で比較してみますと、プロミスの金利は実質年率4.5%〜17.8%ですが、アイフルの金利は実質年率4.5%〜18.0%に設定され、ここだけ見るとどちらも同じ4.5%という数値が目にとまり差がないように思えますが、アイフルの50万円以下の利用限度額の場合、通常は18.0%の金利となりますので、17.8%のプロミスのほうがやや有利といえます。
申し込みの可能な人の条件ですがプロミスもアイフルもほぼ同じ条件で、年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方、主婦や学生でもパート・アルバイトなど安定した収入のある方は審査のうえ利用が可能でほとんど同じで大差はないものの、ネットなどでよく調べて自分に有利な方を選びましょう。

プロミスやレイク、バンクイックなど金融業者によって違いがある申し込み方法

その金融業者によって申し込み方法は変わります。
申し込み方法は多く用意されているところもありますし便利な方法が違うこともあります。
「新生銀行カードローンのレイク」
・インターネット
・自動契約機
・電話
・郵送
「三菱東京UFJ銀行バンクイック」
・インターネット
・テレビ窓口
・電話
・郵送
「アコム」
・インターネット
・むじんくん
・店頭窓口
・電話
・郵送
プロミス
・インターネット
・自動契約機
・三井住友銀行ローン契約機
・店頭窓口
・電話
・郵送
並べてみただけでも申し込み方法には違いがあることがわかります。
共通するのはインターネットと電話、郵送の申し込み方法です。
いずれも店舗に向かわずに申し込みができる方法となっており活用されている数で言えば最も多いでしょう。
店舗がある形と無い形がありますのでその点はまちまちにはなりますが、各金融業者ともに自動契約機での申し込みはスピードのある契約をすることができます。
申し込み方法の項目としては同じようなものがあっても、その金融業者によって得意としている申し込み方法には違いがあることがあります。
通常、電話申し込みと言えば時間がかかる方法になっていますが新生銀行カードローンのレイクの場合には電話申し込みは最も早い申し込み方法となっています。
審査に時間がかからないのが電話申し込みとなっていますので実は隠れた人気申し込み方法です。
それぞれの金融業者によって申し込みに違いがあるものの得意分野にも違いがありますので確認した方がよいでしょう。

キャッシングの利息を安く済ませるには

キャッシングに利息は必ずついてくるものです。そして、利息を安く済ませることができるのが、賢いキャッシングの利用方法でもあります。

どのようにすると利息を安く済ませることができるのかといいますと、まずはおまとめローン 審査で通りやすい消費者金融会社を選びましょう。
利息は金利によって定められ、金利は法律の範囲内で金融会社が自由に設定することができます。ですから、金融会社ごとに金利には差があります。
そのほかにも、金融会社の中には、期間限定としてですが、金利をゼロでお金を貸し出してくれる金融会社も存在します。これらのサービスも上手に利用することで、より利息を安くすることができます。

そのほか、利息は「借入残高×貸付金利÷365×借入期間」の式に当てはめることで求められますが、最後に借入期間が入っていることから分かるように、借り入れている期間が長ければ長いほどに利息は高くつきます。
ですから、できる限り早くに返済を終わらせてしまうことも、より利息を安くするためのポイントです。

ですが、分割で返済をするのであれば、その返済計画は念入りに立てるようにすることが望ましいです。
早く返してしまうのが良いとはいっても、返済以外にも生活費などお金がかかるものはあります。それにも関わらず、収入をすべて返済に当ててしまっては生活がしていけません。これは極端な話ではありますが、やはり多少は余裕のある返済計画を立てることが、生活を送るにしてもですが、精神的にも健康的でしょう。

キャッシングに成功する学生はシュミレーションを使っている

いくらを返済していけばいつころ完済となるのか、返済について計画を立てていくことがキャッシングでは重要になります。
計画はあくまで計画と呼ばれているのは仕方のないことではありますが、入念な計画は立てていて損をするものではありません。
特に学生はキャッシングに慣れているわけではなく、利息や金利、返済方式など詳しい方はそう多いものではないでしょう。
キャッシングは簡単ではないものの、返済の計画を立てておくことで完済というゴールが目に見える形に変わります。

自分でその計画を立てることもできますが、返済方式や金利、利息などを考えるとそのキャッシング業者ごとに計画を立ててみなくてはなりません。
実際に借り入れをしているときであれば問題はありませんが、これからキャッシング会社を探そうというときにその計算は面倒なものです。
そこでキャッシング業者のホームページにある返済シュミレーションを使ってみましょう。
返済シミュレーションは無料で利用できるサービスになっており、さらに実際に契約をしていなくても自由に誰でも使ってみることができます。

計画を立てることは簡単ではありませんが返済シミュレーションを使ってみれば簡単な作業に変わります。
キャッシング業者によって決められている返済方式が変わってきますので結果には違いがあります。
毎月の返済額を重視するのか、返済期間を重視するのか、返済総額を重視するのかによってたてたい計画は変わってくるはずです。